• Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sをついに買った

    2021年03月02日 20時53分
    英語配列の無刻印 墨です。

    コロナの影響で私の勤めている会社もリモートワーク。
    PC1台有ればだいたい事足りる仕事なので、さほど影響は無く不幸中の幸いといったところ。

    そういう状況なので私用と仕事用のPC2台を同じ机の上で使い分ける事になるわけです。

    しばらくは毎回仕事の開始と終わりにUSBケーブルを差し替えていたのだけどそれなりに面倒くさい。
    2台有るので並べることも出来るのだが、コンパクトとは言っても流石に邪魔である。

    そこで、Bluetoothの切り替え機能が有るのと、
    Type-Sのキータッチに以前から興味が有ったことも後押しし、今回購入に踏み切った。

    それなりに高級品なので買おうか迷っている人向けに
    買ってみてわかったことを書いておこうと思う。


    参考情報として私はProfessional2を10年くらい毎日使っているそこそこのヘビーユーザーです。
    改めて考えてみると、それだけ使ってても全然壊れない。本当に一生使えそう。


    キータッチについて


    一番重要なところなのに一番伝えにくい。
    Professional2との比較で書く。

    感覚的なところもあるので非常に難しいのだが
    Professional2が「コトコト」だとしたらType-Sは「スコスコ」という感じ。
    確実にType-Sの方が軽く感じる。

    使い始めてすぐは違和感が有ったけど、2日目からはもう何も感じなくなったので買って後悔するということは無いと思う。
    逆に買ってよかったと思うこともあまり無いかもしれない。

    音については静音と言われているけど大差ない気がする。
    音は動画とかで確認出来るので、気になるなら予め聞いておけばよいと思う。


    電池について


    省電力機能(自動電源OFF)も有るのだけど、放置して電源が切れるのはやはり不便なので無効にしている。
    また、キーボードの電源をOFFにするという習慣が無いので、だいたい切り忘れて24時間電源ON状態。

    これで2週間弱で電池(エネループ スタンダード)が切れる。
    毎日ちゃんと電源を切れば1か月くらいは持つのかな?

    マウスが数か月持つのと比べるとだいぶ短い。

    あと、もうすぐ電池が切れますよ~のLEDは有るのだけど、そこから数十分で切れてしまう。

    これもマウスの感覚で扱ってるとえらく短く感じる。


    その辺りも含めて考えると、毎週〇曜日に電池を入れ替えるみたいな運用が必要になる。

    面倒くさいし、どうせ机の上から移動しないので、USB給電にしてしまった。


    Bluetoothについて


    HHKB側は問題ないのだが、レシーバの性能に依存する。

    1台はマザーボードに付いているレシーバ、1台はUSBレシーバで運用していて、USBレシーバの方の反応が悪い。

    接続出来ないときにUSBレシーバの抜き差しが必要になって、
    「これはUSBケーブル抜き差ししているのと変わらないのでは・・・?」という状況になってしまう。

    結局給電用にUSBケーブルを差しているのでそちらをついでにUSB接続とし、
    もう一台をBluetooth接続という運用になった。


    総評


    悪くはないのだけど、USB切り替え機を買った方が良かったかもしれない。

    買い替えでなく一台目として買うなら、出来ることが多いのでオススメ出来る。

  • libaomのデコード、さらに速くなったわけではなかったらしい

    2019年04月24日 15時45分
    前回libaomのデコード速くなったなーって書いたけど、
    どうもそうじゃなくてデコーダがdav1dに切り替わったらしい。


    私のAV1に関連のメイン情報源は次世代ビデオコーデック総合スレだったりするのだが
    そこでNAB2019のMozillaのスライドの情報が出てて知った。
    このスライド、ここ1年のAV1の動きがまとまってて良い資料だと思う。

    こういう資料の情報はどっから拾ってくるのだろうか。
    スレの住民はどうもプロが多い気がする。


    Chromeの開発は全然知らないんだけどたぶん該当するのはこれ
    既にChrome 74は公開されているので、Chromeで普通に使える状態になったと言って良いだろう。

    そしたらFirefox Nightlyのdav1d再生なんであんなに遅いん?と思って今再生してみたらChrome同様速くなってた。
    バージョンが古かったとかそういうのかな?

    ただ、media.av1.use-dav1dフラグをONにしてもOFFにしても速いので、
    libaomのデコード速くなったも間違っていたわけではないのかもしれない。
    もしくはこのフラグ効いてないとか・・・


    その辺りの細かい事情はともかく、再生環境はだいぶ整ってきたようだ。
    個人的にはSafariが対応してくれないかなーと思っている。
  • libaomのデコード、さらに速くなってる

    2019年04月09日 03時16分
    今日試してみたら、Core i7 3770のChrome Canaryでv1.0.0以降でエンコードしたAV1動画が再生出来るようになってた。
    一気に目に見えて速くなったので驚いた。

    あとどのくらい最適化の余地があるかは分からないけど
    このくらいの速度が出るならソフトウェアデコードも実用範囲に入ってきたかもしれない。
  • libaomのデコード、速くなってる

    2019年02月17日 18時47分
    v1.0.0以降でエンコードしたAV1動画を不定期にChrome CanaryとFirefox Nightlyで再生しているのだけど、
    今日Core i7 7700のChrome Canaryで実行したら止まらずに再生出来た。

    正月くらいに見た時は所々で止まってたのでまだ高速化は頑張っているようだ。

    Firefox Nightlyの方はダメだった。
    同じlibaomなのになんでだろ?まあChrome Canaryもフレームが落ちているのかもしれない。

    あと、Firefox Nightlyはlibaomだけでなくdav1dも実装されているが
    少なくともこの映像に関してはdav1dはlibaomより遅い。


    Core i7 3770でも再生してみたけどこちらはまだダメ。
    ただ、半年前よりだいぶ動いているのでもうちょっと頑張ればもしかしたら行けるかも感は出ている。
  • v1.0.0以降でエンコードしたAV1動画 2

    2018年08月07日 19時09分
    前回の動画だと再生があまりに無理すぎて面白みが無いので一段軽くした動画も作った。

    ちなみに前回の動画はCore i7 7700で再生してみたらもうちょっとな感じだったので、
    Core i7 8700とか8086Kとかなら行けるかもしれない。


    今回のソースの映像はFF14からオメガ vs 神龍をキャプチャしてきた i420 1280 * 760 6555フレーム(30fps)のデータ。

    これはCore i7 3770でリアルタイムにデコード出来たので割と新しめなCPUなら行けると思う。



    容量は114MBくらいです。